男性

名刺作成における情報配置の考え方

名刺作成を自由にできるツールやアプリも増えていますが、自作しようと思った場合にはある程度基本的なことを知っておく必要があります。たとえば、情報の配置については知っているようで意外と知らないものです。一般的には、社名屋号、肩書き、名前、住所、電話番号、E-mail、WebサイトのURLなどは今や必須となっていると思います。その上で、キャッチコピーやロゴデザインを入れたり、何かのメッセージが入っているというようなものが多いでしょうか。では、この中で一番大きく書くべきはどれでしょうか。もちろん「名前」です。それでは次は?と聞かれれば、「社名屋号」が次になります。その他については上記よりも小さければ自由ではありますが、中には情報はすべて表面に集約し、裏面にはパンフレットのようにURLだけ大きく表記することもあります。
情報を目立たせるには、文字の大きさや色だけではなく、余白も重要です。周囲の余白の大きさによって見えやすさが変わるので、強調する効果もあります。習字などでは「余白の芸術」という評価もあるくらい大事にされています。様々な要素をバランスよく配置する必要があるので、けっこう難しいものです。名刺作成ツールで提供されているテンプレートはデザイナーが作っているので見やすく便利です。活用したり参考にして名刺作成をするのがおすすめです。

ヘッドライン

名刺作成における情報配置の考え方

名刺作成を自由にできるツールやアプリも増えていますが、自作しようと思った場合にはある程度基本的なことを知っておく必要があります。たとえ…

詳細を読む

オリジナリティーのある名刺を作成する

「名刺」を作成するポイントはデザインです。白地に黒文字の普通すぎるデザインではつまらないので、おもいっきりユーモアラスなデザインを提案…

詳細を読む