男性

名刺作成で差をつける「フチ」の印刷

名刺

名刺作成でちょっと差のある名刺を作りたい人は、ぜひ「フチ」についても考えてみましょう。多くの名刺はフチがありません。フチは白いのが定番です。しかし、このフチまでしっかりデザインできる場合もあるのです。フチまでしっかり印刷するためには、印刷機と印刷用紙、またアプリがしっかり対応している必要があります。三拍子そろっている所はそう多くありませんが、こういった印刷も可能であればそれをアピールしているものですので、検討してみても良いと思います。一般的にこういったフチありの名刺印刷をすると高コストになってしまうのですが、それだけ希少性が高い名刺を作ることができます。ただし、フチがある名刺というのは難しいもので、デザインによってはフチがうるさくなりすぎる場合もあります。
面白い例では、その部署(チーム)の人の名刺を集めてフチを揃えて並べるとひとつの絵ができるというパズルのようなものを見たことがあります。意図としては、面白半分で部署の様々な人を繋げ、ついでで商談になりそうな情報提供を各自の得意分野に応じてしていくという営業をしたかったのだそうです。フチあり印刷ならではの芸当ではありますが、名刺ひとつでビジネスチャンスが増えるなら素晴らしいことではないかと思います。

名刺作成は海外サイズにも対応

名刺というのは日本のビジネスだけでなく、海外のビジネスでも多く利用されるものです。ですが外資系の会社で使用される名刺と、日本の会社で使用される名刺とでは大きさなどで差が出てくるようなこともあるものです。名刺も国によって特徴がありますから、自分が使いやすいと感じるだけでなく、受取った相手がどう感じるかも考えながら名刺作成をしていくと良いです。名刺作成する業者によって対応できることというのは異なってきますが、外資系の会社の名刺も扱うような会社であれば外国で一般的に使用されている名刺なども作成してもらえることがあるでしょう。ですから関連会社や関係会社が外資系の会社であれば、名刺作成もそのように外資系のもので作成していくと良いです。
会社も長く続いていると途中で扱う商品が変わったり、付き合う会社なども異なってくるので、名刺を渡す先が変わることで名刺も変えていくと良いものです。名刺は渡しても使用してもらえないようなことも多いですが、名刺をきちんと手渡してもらえると、きちんとした会社だという印象も持ってもらうことができるでしょう。ですから名刺は利用する機会が少なくても今の自分にあっているものを選んでいくようにすると良いです。

意外に自由な名刺作成

名刺というと会社のロゴや名前、それに自分の名前と連絡先が入っている物が一般的ですよね。それらは必要な情報だけしか記載していないのでパッと見で分かりやすく、ビジネス用途には最適な物と言えます。ですが、そういった普通の名刺は誰から貰ったか、あの人から貰った名刺はどれだったかと分からなくなってしまいがちです。そのせいでビジネスチャンスを逃してしまうなんて事もあるかも知れません。
そこでオリジナルの名刺作成がオススメです。そのオリジナルの名刺作成、意外に自由度が高いのでインパクトという事ですと最適です。一般的に思いつくイラストを入れる、色を派手なものに変えるなんていうのは当たり前です。それどこらか、今では形まで色々選ぶ事が出来るんです。さすがにビジネス用途でハート形など選ぶ事は無いと思いますが、ビジネス用途でも問題ない形は無数にありますので、一度作成してみてはどうでしょうか?
形以外にも名刺の素材を変える事も出来ます。通常の紙ではなく、金属やプラスチック、和紙なども作成業者によっては選択可能です。
デジタル全盛の時代ではありますが、名刺はまだまだビジネスマンにとって必要なアイテムの一つです。名刺からビジネスチャンスが訪れるなんて事も珍しくはないので、インパクトのあるオリジナルの名刺作成してみてはどうでしょうか?


オシャレな名刺をアドプリントで作成してみませんか?名刺はビジネスにおいて大切なものです!綺麗でいいものを手に入れたいですよね!アドプリントでは、お得に高品質の名刺を作成いたします!

ヘッドライン

名刺作成における情報配置の考え方

名刺作成を自由にできるツールやアプリも増えていますが、自作しようと思った場合にはある程度基本的なことを知っておく必要があります。たとえ…

詳細を読む

オリジナリティーのある名刺を作成する

「名刺」を作成するポイントはデザインです。白地に黒文字の普通すぎるデザインではつまらないので、おもいっきりユーモアラスなデザインを提案…

詳細を読む